電撃クロニクル3、書店委託始まります

またポーンと1か月ほども経ってしまいましたが、生きてます。
朝から晩まで仕事してます。
もうコミ1から1か月も経ってしまいましたが、電撃クロニクル3の書店委託を始めます。

今回もBEEPさん・とらのあなさん・メロンブックスさんに委託させていただきます。

電撃クロニクル3 / 岩崎啓眞|BEEP ゲームグッズ通販※11月24日以降お届け(店頭受取は12月1日以降となります)※おまけペーパー付き(片面印刷)※2022年12月22日までに、ご購入いただいた方には「電撃クロニクル2」のおまけペーパーもお付けします(両面印刷)上記日程以降ご注文分は、おまけペーパー(片面印刷)1枚のみとなります。今回の本は2012年に時期を絞った「家庭用ゲームとスマートフォンとの戦い」です。実は2012年はものすごいスマートフォンゲームのブームと、さらにiPadとapple TVの登場で、スマホゲームがリビングに進出してきて、家庭用ゲームマシンは滅びるのではないかと言われていた時代で、2011年末に出たVITAははその流れに対抗するためにスマホ対抗の仕掛けを山盛りにしたハードで、2012年のE3でも「ソーシャルだスマホだ」と各メーカーが騒ぎ、スマホ対抗の施策が発表された時代でした。その2012年に「家庭用ゲームマシンはスマホの挑戦を受けて、何をやっていたのか」、「なぜスマホはリビングへの進出に失敗したのか」について、『シェルノサージュ』や『めざまし同盟』などの当時リリースされたソーシャルやスマホを意識したゲームと、PS VitaやE3の話題などを通じて考察した本です。
電撃クロニクル3 / 岩崎啓眞|BEEP ゲームグッズ通販 www.beep-shop.com
電撃クロニクル3 / 岩崎啓眞|BEEP ゲームグッズ通販
電撃クロニクル3「電撃プレイステーション」「電撃王」に連載していたコラムをまとめ、現在の視点から見たコメントや解説を加え、深堀りした1冊。今回はスマホゲーム時代に家庭用ゲームがどのように生き残ったのかについて語ります
電撃クロニクル3 ecs.toranoana.jp
電撃クロニクル3
電撃クロニクル3(HIGH RISK REVOLUTION)の通販・購入はメロンブックス | 作品詳細電撃クロニクル3はサークル名:HIGHfrm_spcRISKfrm_spcREVOLUTIONの作品です。電撃クロニクル3の通販、予約は業界最速のメロンブックスにお任せください。サンプルで電撃クロニクル3の試し読み可能!作品の詳細紹介も。お得な特典情報もお見逃しなく!
電撃クロニクル3(HIGH RISK REVOLUTION)の通販・購入はメロンブックス | 作品詳細 www.melonbooks.co.jp
電撃クロニクル3(HIGH RISK REVOLUTION)の通販・購入はメロンブックス | 作品詳細

今回は2012年に時期を絞った「家庭用ゲームとスマートフォンとの戦い」をテーマにした本になってます。
実は2012年はものすごいスマートフォンゲームのブームと、さらにiPadとapple TVの登場で、スマホゲームがリビングに進出してきて、家庭用ゲームマシンは滅びるのではないかと言われていて、2011年末に出たVITAははその流れに対抗するためにスマホ対抗の仕掛けを山盛りにしたハードで、2012年のE3でも「ソーシャルだスマホだ」と各メーカーが騒ぎ、スマホ対抗の施策が発表された時代でした。
その2012年に「家庭用ゲームマシンはスマホの挑戦を受けて、何をやっていたのか」、「なぜスマホはリビングへの進出に失敗したのか」について、『シェルノサージュ』や『めざまし同盟』などの当時リリースされたソーシャルやスマホを意識したゲームと、PS VitaやE3の話題などを通じて考察した本です。

で、BEEPさんはいつまでかはわからないのですが、記念ってことでカラーのペーパーがつきます。それが今回のカバーになっている『シェルノサージュ』のイオンちゃんです。
表がカラーイラスト、裏が「どうして、電撃プレイステーションは、電撃PCエンジンの増刊としてスタートしたのか?」という、めっちゃヘンテコなテキストになってます。

あと、近況。
コミケ101のスペースがいただけましたが、今のところ予定は全然立ってません。考えているのはハドソン伝説5・ハドソン伝説人名辞典・レジェンドの総集編の3つの中のどれかの可能性が高いです。
イース通史4は、だいたいわかっているんだけど、蛯名と杉本にインタビューできていないのがイタすぎて、まだ進行していません。あの二人にインタビューしない通史4ってありえないんだよね…

レジェンドの総集編は、レジェンドにはハドソン伝説などに収録されていない、自分のお気に入りのテキストがかなりあり、特にローアダムスの話については「どうして海外でローがウルティマ4のシナリオライターだと知られていないのか?」という、ずっと自分が不思議に思っていたことの答えがわかったということもあり、かなり出したいなあと思っている本だったりします。

あと、月末に某元ハドソンのスタッフに呼び出されたので、北海道行ってくる。

ようやく少しずつ体制が安定してきたので、ブログの更新ももうちょっと出来るようになると思います、ハイ。
それではー

LinkedIn にシェア
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です