HUDSONのコト

THE功夫についてのメモの続きの続き

THE功夫についてのメモの続きの続き

2019年5月21日 HUDSONのコト
なーんと『THE功夫』についての3本目の記事。この功夫というゲーム、ほぼローンチなこともあり、想像以上にイロイロあったということがわかってきた。 実は『THE功夫』は、発売前に回収されていた、という驚きの事実。 当時のハードではよくある話なのだけど、電源投入時の初期値が一定していないのがわかっておら…
THE功夫についてのメモ

THE功夫についてのメモ

2019年5月11日 HUDSONのコト
突然、Twitterで「THE功夫のスタッフわかりませんか?」と質問された。 PCエンジンのローンチになるはずだったソフト 「あれ? スタッフ出てなかったけ?」と思いながらチェックしたら、実は全く公開されていなかったので、ちょっと調査した結果をメモとして残しておきたい。 コードを書いたのは和泉さんだ…
Hi-Tenボンバーマンの作者と制作環境

Hi-Tenボンバーマンの作者と制作環境

2019年3月22日 HUDSONのコト
高橋名人が世界初のハイビジョン専用ゲーム『HI-TENボンバーマン』のディスクを入手。ゲーム保存協会へ保存 この記事(元になっている高橋名人のブログ記事)がツイッターのTLに流れてきた。それでTLで聞かれたのが「ソースは残ってないんでしょうかね?」こういうのは元ハドソンのいかにもやってそうな人たちに…
マントー2と足下兄弟の覚え書き

マントー2と足下兄弟の覚え書き

2018年8月19日 ゲーム史
twitterで書いたことをもう少しまとめてメモ書きして残しておこうと思った。 天外Ⅱには、天外1からのゲスト的な扱いでマントーってサルが出てくる。 これはとんでもないバカって設定なんだけど、多分一番最初の天外1の広井さんの設定ではなくて、あとで桝田さんが作り直したときに作った設定だと思う。 マント…
凄ノ王伝説が影響を受けたゲーム

凄ノ王伝説が影響を受けたゲーム

2018年6月30日 同人のコト
ツイッターでポロっと書いたことだったのだけど、『凄ノ王伝説』に影響を与えているゲームの話。 もちろんRPGを作ってみたいと思っていたので、KMO、ひいてはハドソンの依頼に飛びついたわけだけど、そんときにはBEEPでライターやってたし、ゲームは腐るほどやってた。 そして「俺の、俺様の最強RPG」を作ろ…
ウィンドウなしで顔が表示される演出の覚え書き

ウィンドウなしで顔が表示される演出の覚え書き

2014年5月9日 HUDSONのコト
超ひさしぶりのまともなブログの更新である。信じられないぐらい忙しい日々が続いていて、毎日、家に帰るともうメシ食ってビール飲んだら、バッタリ寝てしまうぐらい疲れてしまっていて、ゴールデンウィークも本当に寝て過ごしてしまった。自分で信じられないほどだ。あと、ゲームレジェンドには、ときめきメモリアル20周…
ハドソンがファミコンに参入するまで(5/終)

ハドソンがファミコンに参入するまで(5/終)

2012年2月15日 ゲーム史
これは1983年春に始まり、1984年7月に終わる、ハドソンが史上初のサードパーティとして、ファミコンに参入するときの物語だ。たくさんの当時の(がつくのが残念だが)ハドソンの方の協力を得て、ほぼ正しい歴史として記述できていると思いたい。ただし、残念なことに、かなりの方から「自分の名前が文の中に出てく…
ハドソンがファミコンに参入するまで(4)

ハドソンがファミコンに参入するまで(4)

2012年2月11日 ゲーム史
これは1983年春に始まり、1984年7月に終わる、ハドソンが史上初のファミコンのサードパーティに参入するときの物語だ。たくさんの当時の(がつくのが残念だが)ハドソンの方の協力を得て、ほぼ正しい歴史として記述できていると思いたい。 ただし、残念なことに、かなりの方から「自分の名前が文の中に出てくるの…