アドルの綴りのこと

イース通史ⅡでイースⅠの音楽モードに書かれていた(そして”MUSIC FROM YS”でも継承された)“ADORU”の綴りはひどいから、PCエンジン版では”ADOL”に直したという話を書いた(ついでに書くと、今までに何回か書いてる)けれど、なんとパソコン版でも1989年7月に”ADOL”に直していた、という話。

本当に言われるまで全く気が付いていなかったし、全く同時並行で同じ綴りにしたんだなとビックリしたのだけど、実は“Wanderers From Ys”“ADOL”と表記されているのだ。
マジで言われるまで30年一度も気が付いておらず、言われてみれば「アーッ!」だったのだけど、タイトルの多重スクロールするデモ画面でAdolと表記されているのである。

画像はPCエンジン版

そして“Wanderers From Ys”が完成したのは1989年3月ごろで、このデモは多分それより前に出来ていただろうと想像できる。

どうしてそう思うのかというと、このデモ、多重スクロールのテストのお手本みたいな画面だから。一番手前の柱でアドルが隠れ(それも柱の形に丸が入っているのでマスクとしては複雑)、4重スクロールで、その上にテキストを載せているのだから、本当に88SRでよくやったものだと思うレベルで複雑なのだけど、ともかく機能テストとしてとても優れたトコロなのは間違いない。だから最初にこのシーンができたのではないか…と思っているわけだ。

そう考えると、橋本さんと宮崎さんも“ADORU”はないわ! と思っていたのだなと思うのだ。

なお、カバー画像はCDの”MUSIC FROM YS”に入っていたライナーノートの最初のところのコピーなのだけど、書かれているSIDE AとかSIDE Bとか□の数字はLP用とか、全く意味がさっぱりわからない人がたくさんいるだろうなあと思うのである。


■PCエンジンmini 制作裏日記 通販

PCエンジンmini制作裏日記PCエンジンminiが発売された年ということで、PCエンジンminiでどんな仕事をしてたのか、オリジナルのPCエンジンの開発機は誰が作ったのか、miniに収録されたゲームにはこんなエピソードがあったよ
PCエンジンmini制作裏日記 ecs.toranoana.jp
PCエンジンmini制作裏日記

https://www.beep-shop.com/ec/products/detail/5701

■イース通史Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・PLUS通販(BEEPさんではⅡ,Ⅲ,PLUSにはペーパーが付きます)

【HIGH RISK REVOLUTION】(岩崎啓眞) 「イース通史」シリーズ特集 - とらのあな全年齢向けサークル【HIGH RISK REVOLUTION】(作者:岩崎啓眞)発行の『イース通史I』『イース通史II』『イース通史III』『イース通史PLUS』を大特集!業界最大手、国内最大級の品揃えを誇るとらのあな通信販売では、他にも
【HIGH RISK REVOLUTION】(岩崎啓眞) 「イース通史」シリーズ特集 - とらのあな全年齢向け ecs.toranoana.jp
【HIGH RISK REVOLUTION】(岩崎啓眞) 「イース通史」シリーズ特集 - とらのあな全年齢向け
検索結果|BEEP ゲームグッズ通販
検索結果|BEEP ゲームグッズ通販 www.beep-shop.com
検索結果|BEEP ゲームグッズ通販
LinkedIn にシェア
Pocket