CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<  2018 - 05  >>

PROFILE
同人誌 電子書籍版
Re:ゼロから始める
ゲームシナリオ


ライトニング伝説


さよならハドソン


ドラクエとFFと
ToHeart


誰得ゲームライフ


ときめきメモリアル
の時代

イースI・II製作メモ

頒布ページ
LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
    「当たらなければどうということはない」問題
  • mastakos (11/17)
    80年代末に作り手になった人間のRPG史観
  • いわさき (11/15)
  • qizhen (11/15)
    『誰もが嘘をついている-ビッグデータ分析が暴く人間のヤバい本性』はメチャクチャ面白い本だ!
  • 蝉職人 (11/05)
    ゲームの乳揺れの歴史、あるいは百田が最初だったのか?w
  • くづゆ (11/04)
TRACBACKS
OTHERS
SEARCH BOX
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ブログンサポート

LEGEND3をBEEPさんに委託しました
ちょっとしたお知らせです。

珍しい話なのですが、LEGEND 3をBEEPさんに委託しました。
リンクは通販ページで、店頭の方は来週から並ぶそうです。
内容がBEEPさんと合ってるかなということで、まあいいかなと。
ゲームレジェンドとかコミケに来れない人用なんですが、部数に限りがあるので、なくなったらすみません。

本の内容についての簡単な解説は以下。

■PCエンジン版ダーウィン4078の数奇な運命
PCエンジンの初期にショーに出展されたことがあるDECOの『ダーウィン4078』のPCエンジン版について調査した話。

ところで、コメント欄に「これはPC-8801 MC版ではないのか?」という疑問がありましたが、それはないです。
というのもまず第一に桜田名人や複数の人から「ブレッドボード版が作られていたのは間違いなかった。どのショーかは忘れたが出したのも間違いない」と聞いていること。
88MCとPCエンジンではゲームを作る上ではちょっと実力差がありすぎて、見ただけでわかること。また88MCは、PCエンジンのCDROMを流用したハードウェアで、88年に企画されたもの(知ってる)なので、まあ87年のショーには出ないかなと。
というわけで、ブレッドボード版なのは間違いないかなと。

■PCエンジン開発機のコードネーム
PCエンジンのチップの名前はなぜ7upとかそんな変な名前だったのかについて

■スーパーグラフィックス版大魔界村のコト
スーパーグラフィックス版の大魔界村の話。ブログのをまとめて、ついでに覚えている話とかを追加したもの。

■R-TYPE30周年記念
僕が和泉さんから聞いたいろんなR-TYPEの話の集大成。

の4つ。24ページ。
タイトルにもした『ダーウィン4078』の話は結構自分でも面白いと思っています。

なお、LEGEND 1は完売して手元に数冊しかないです。再販予定はいまのところありません。
LEGEND 2は委託予定ありません。ご了承ください。

というわけで、興味がある方はどうぞ。

|| 20:54 | comments (1) | trackback (0) | ||

このエントリーをはてなブックマークに追加
ゲームレジェンド28にある本
まず LEGEND 3 があります。
事故がなければあるはずですw
タイトルは『PCエンジン版ダーウィン4078の数奇な運命』。内容はリンクを見てくだされ。

それから LEGEND 1と2があります。
1はかなり少ないのでなくなったらゴメンなさいです。

あと既刊で、多分ですがスタソルの本があります。
他は…なんか見つかったら、持っていきます。
それからあいざわひろしがいつのまにか作っていた伝説のセリフつきの藤崎詩織のビニールバッグが最初のうちはつきます。
あいざわひろしの方の新刊や既刊はリンク先を読んでくださいませ。

スペースは45bになります。
オマチしております。

|| 13:50 | comments (0) | trackback (0) | ||

このエントリーをはてなブックマークに追加
ゲームレジェンドの新刊

ゲームレジェンドの新刊が出来ました。

タイトルは『PCエンジン版ダーウィン4078の数奇な運命』。



入っている内容は

■PCエンジン版ダーウィン4078の数奇な運命
PCエンジンの初期にショーに出展されたことがあるDECOの『ダーウィン4078』のPCエンジン版について調査した話。

■PCエンジン開発機のコードネーム
PCエンジンのチップの名前はなぜ7upとかそんな変な名前だったのかについて

■スーパーグラフィックス版大魔界村のコト
スーパーグラフィックス版の大魔界村の話。

■R-TYPE30周年記念
僕が和泉さんから聞いたいろんなR-TYPEの話の集大成。

の4つ。24ページ。
ブログに載せた記事の改定+調査を追加した内容だと思ってもらえればいいかなと。
タイトルにもした『ダーウィン4078』の話は結構自分でも面白いと思っています。

あいざわひろしのエロい本『詩織外伝』(20ページ)もある予定です。
それから、あいざわひろしが作った謎のビニールバッグが最初のうちはつくかと思います。

当日、45bでオマチしております。

|| 20:22 | comments (1) | trackback (0) | ||

このエントリーをはてなブックマークに追加
バイトサイズゲームの理屈
最初は、ツイッターで書こうかと思ったけれど、内容が複雑で長いのでメモ書き的にブログ記事にした。

タイトルのバイトサイズゲームってのはなんなのか?
英語表記は、bitesize と一単語。
「一口サイズ」とか「スゴく小さい」とかって意味で、まあこの単語は"bite-size"でふたつの単語がひっついた言葉。
具体的にはスマートフォンで海外のパブリッシャー、有名なあたりはvoodooとかketchappとかが出しているミニゲームみたいなゲーム群のことを指している。
対象となっているユーザーは、たいていスーパーカジュアル層。


続きを読む▽
|| 20:54 | comments (1) | trackback (0) | ||

このエントリーをはてなブックマークに追加
ゲームレジェンド受かってました。新刊といろいろ持っていきます
えーと新刊書いてます。まだ書いてます。

レジェンド3です。タイトルは仮題ですが『PCエンジン版ダーウィン4078の数奇な運命』です。

メインの話は、実は前PCエンジンの評価用ブレッドボードの上で動いていた『ダーウィン4078』はどのようなものだったのかについての文章。ブログでざっと書いたものにいろいろ追加情報を加筆したものになります。
加えて、R-TYPE30周年で、R-TYPEやネクタリスの話を出来るだけまとめたもの、さらに大魔界村の話や、それともPCエンジンの開発システムの名称の話など、PCエンジンの黎明期から中期にかけての、主に開発側の話です。

あとこの新刊にも、あいざわひろしが描いてくれた伝説の決め台詞を喋る永遠の17歳藤崎詩織のビニールバッグがつく予定です。

あ、それからコミ1で出したローアダムズの本も持っていきます。

あとレジェンドの1がある予定ですが、こいつはスゲー少ないので、なくなってたらごめんなさい。

|| 21:05 | comments (0) | trackback (0) | ||

このエントリーをはてなブックマークに追加