CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<  2017 - 10  >>

PROFILE
同人誌 電子書籍版
Re:ゼロから始める
ゲームシナリオ


ライトニング伝説


さよならハドソン


ドラクエとFFと
ToHeart


誰得ゲームライフ


ときめきメモリアル
の時代

イースI・II製作メモ

頒布ページ
LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
    山根はどうしてイースⅡのオープニングをアニメにしたのか?
  • いわさき (10/21)
  • adol (10/18)
  • H (10/12)
  • CHAM (10/11)
  • H (10/11)
TRACBACKS
OTHERS
SEARCH BOX
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ブログンサポート

1994年4月19日19:06 NiftyServe
以下の文は1994年4月19日19:06にNifty ServeのfcgamemにあったPCエンジン会議室に投稿した『ときめきメモリアル』のレビューである
あちこちで触れられているが、実際の文は読めないようなので、このblogにアップロードしておく。
実際に投稿されたテキストは等幅フォント72文字(漢字36文字)で改行していたはずだが、そこまで再現する必要はないと考え、テキストデータをそのままアップロードしておく。

結構長いテキストなので続きに入れておく。読みたい人だけ読んでくれればいい。これはただの資料だ。
資料として意味を強化するために、少し追記。

投稿日時は 1994年4月19日19:06
投稿したのは、当時あったパソコン通信の大手、NiftyServeのfcgamemフォーラム(家庭用ゲームマシンのフォーラム)。
一緒にタイトルがあったはずなんだけど、なんてタイトルでアップしたかは不明
TadashI さんのおかげで判明。
>- FCGAMEM MES(4):NECゲームマシン PCシリーズ -
>00155/00699 JDA01226 いわさき 先取りレビュー:ときめきメモリアル(L81)
>( 4) 94/04/19 19:06 コメント数:4


※会議室名はPC-FX登場後に改名されたから、いわさきさんの投稿時とは会議室番号、名称共に違う筈です。

パソコン通信をイメージしづらい人のために対応関係を示しておく。
Nifty-Serveモバゲータウン もしくは mixi
fcgamemフォーラムサークル(モバゲータウン)もしくは コミュニティ(mixi)
会議室掲示板(モバゲータウン)もしくはトピック(mixi)

このblogを投稿した後、当時のfcgamemのサブシス(副管理者)だった男とのTwitterの会話をtogetterしたもの

投稿した本文は続きで。

続きを読む▽
|| 01:44 | comments (2) | trackback (0) | ||

このエントリーをはてなブックマークに追加
思い出は遥か遠く
mixiの日記で友達相手に公開していたものだが、結構面白く書けているのでもったいないから、自分のblogに転載。
転載するにあたって、少しだけ直してある。

下らない理由でモノを検索していたら、ニコニコ動画に当たる。 
ぶっちゃけ飛ぶ必要のないものだったが、ふっと飛んだら、PCエンジン版のイースIIIの曲がメドレーでバリバリ鳴るムービーにあたり、思わず聞き惚れる。 
米光さんのイースのアレンジはブッチギリでこれがいいと思う。 

イースの移植をするにあたって、曲はCDDAで行くと決めたまでは良かったがアレンジャーが思いつかず、ゲームミュージックを聴き倒しているうちに、キングレコードの"Music From Ys"のアレンジ曲でぶっ飛んで「ゲームミュージックのアレンジといえば難波弘之氏」だった難波さんより絶対にイースのアレンジでは上だと思って米光さんにしてくれ、と当時ハドソンの音のトップだった笹川さんに頼み込んだのを今でも良く覚えている。 

もちろん、イースI・IIのアレンジはものすごく気に入っている。 
でも、出来上がったアレンジはどー考えてもイースIIIが出来いいんだよな~~ 
最高なんだよな~~~なんだか悔しいんだよな~~~(笑) 
なんでI・IIでは、ここまでアレンジしてくれなかったんだよ~米光さーん…と言いたくなる(笑)

山根のコンテの出来も、I・IIの時よりもIIIの時の方が遥かにいいし、PCエンジン版のIIIは本当にいい。
20年たっても悔しいものは悔しいな、うん。

デモネ、アルファの移植した人達w
別に説明の必要がないから言ったことなかったけど、Ys I・IIでTermination(ダームの曲)が5分あるのは、リピートして欲しくなかった(リピート時の無音区間がいやだった)から「PCで最高レベルの自分がダームを倒すことなんざまるで無視して、逃げ回って、どれだけ持ちこたえられるか」をテストして5分あれば、まず問題ないことがわかったから米光さんに5分の曲をお願いしたわけ。
ガルバランの「最強の敵」の米光アレンジは死ぬほどカッコイイけど、ガルバランは1分で終わるよね…(笑)

|| 19:29 | comments (2) | trackback (0) | ||

このエントリーをはてなブックマークに追加