CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<  2019 - 08  >>

PROFILE
同人誌 電子書籍版
Re:ゼロから始める
ゲームシナリオ


ライトニング伝説


さよならハドソン


ドラクエとFFと
ToHeart


誰得ゲームライフ


ときめきメモリアル
の時代

イースI・II製作メモ

頒布ページ
LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
    イースⅠ・Ⅱ通史(3):『リグラス』から『ロマンシア』
  • タムロ (02/03)
    イースⅠ・Ⅱ通史(1):PC88MkⅡSRの発売
  • tamuro (01/05)
  • おお! (01/03)
TRACBACKS
OTHERS
SEARCH BOX
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ブログンサポート

『フットルース』を三十年以上ぶりに見た
『フットルース(1984)』という映画がある。
僕が21歳の時の大ヒット映画だ。
僕は、この映画が好きだったのだけど、読み取っていた物語はこうだった。

ケビン・ベーコン演ずるレンが、田舎の町でダンス禁止なんて理不尽な制約を課している大人たちに、最初は孤独だったが、だんだんと仲間を集め、 そして聖書の教えを利用して、ダンスする権利を勝ち取る

つまりレンに肩入れして、レンが不条理な大人から自由を勝ち取る物語として見ていた。

当時の金欠な僕はもちろんLDやビデオなど買えるわけもなく、また好きではあったがシブい(なかなかすかっとしないとでもいおうか)映画という印象があり、どうせ買うなら"STUDENT BODIES"なんてC級ホラー映画の方が僕にはたまらず、結局のところロードショーで一度見ただけで(連続で2回見た記憶がある。入れ替えのない当時ならではだ)、また2番館や名画座に落ちてくるより前に、自分が就職してしまったのもあり、二度と見る機会がなかった。

テレビやいろんなもので放映があったのは間違いないが、これがまたどういうわけか見なかった。
そして、三十年以上が過ぎ、たまたま仕事でノイズが欲しいって話になり『フットルース』を流した。

三十数年ぶりの『フットルース』はどうだったのか?

ケビン・ベーコンのキレッキレだと思っていたダンスより、実は周りのトッポイにいちゃんや、他の友達の方がどう見てもダンスがうまいとか、いろいろ驚いた。
でも、なにより本当に驚いたのは、自分のストーリーの読み取り方が全く変わっていたことだった。
それを説明するために、ネタバレなのだけど、ストーリー全体の構造を説明したい。

続きを読む▽
|| 12:52 | comments (0) | trackback (0) | ||

このエントリーをはてなブックマークに追加
マジンガーZ INFINITY
あらゆる僕の友達が「見ろ!」と言っていたのだけど、超忙しくて忘れているうちに公開が終わっていて、買ったブルーレイを見て「映画館で見なかったことを心の底から反省します」と思わず言ってしまう映画だった。

この映画は端的に書くなら、1970年代、マジンガーZとグレートマジンガーに熱狂した「心のヒーローナンバーワンは兜甲児に決まってるだろう」とのたまってしまうような、今では50を過ぎたオッサンたちにプレゼントされた超豪華版最終回だ。

続きを読む▽
|| 21:04 | comments (0) | trackback (0) | ||

このエントリーをはてなブックマークに追加
『パーシージャクソンとオリンポスの神々』を見て、口が開いてしまった
僕は韓国と日本を行き来するのにスターアライアンス、つまりアシアナ航空か、それとも全日空を使っている。もちろんマイレージの都合だけど、結構マイレージたまって嬉しいこともあるんだけど…このどちらも映画を見ることが出来る。で、僕は基本アシアナに乗っていて、まあ見てみるかと選んだ映画『パーシージャクソンとオリンポスの神々』。

なんでそんなものを見たんだ? という突っ込みはともかく、ハリーポッターの二番煎じの香りのする作品なのもともかく。そしてこれを見たのは2010年の初めだったのに、どうしてアップロードはこんな時期なのか…と突っ込みどころはたくさんあるけれど、それもともかくw

世の中いろいろな映画があるわけだけど、必要だと自分が思うのは葛藤。
葛藤というとエラソーだが、例えば誰かに負けた主人公が悩んで勝つ方針を見つけるとか、そういうラストのカタルシスに向かって繋いでいくためのシーンと思えばいい。面白いと思う映画は、そのバランスが優れていると思うことが多いが、パーシー君はそこが突き抜けている。

最初から最後まで、ただの一度も迷うことも悩むこともピンチになることもない。葛藤ゼロ。
…ごめん、最初の10分だけは悩んでいた。あとは一度も悩まないしピンチにならない、だ。


続きを読む▽
|| 19:14 | comments (0) | trackback (0) | ||

このエントリーをはてなブックマークに追加
ドラゴンボールエヴォリューション、けっこー見られるんだよ(笑)
4月1日にアップしたのは事実ですが、エイプリルフールネタではありません。
ただ、かなりそれを意識したのは認めます(笑)

昔的な表現をするなら名画座で3本立てで見たうちの1本に入っていたら、損したと思わない映画の話です(笑)


日韓を行き来している間、結構待ち時間や、乗っている時間が発生するわけで、その間やっていることといえば読書・ゲーム・ノート・仕事…そして映画。
実はアシアナ航空と全日空は映画を見ることが出来るので、たいていは映画を見てすごしている。

それで6月から本格的に始まった日韓の行き来の間に見た映画を並べると

・トランスフォーマー fallen revenge
・2012
・かいじゅうたちのいるところ
・カールじいさんの空飛ぶ家
・サロゲート
・サブウェイ123
・スタートレック
・ROOKIES
・余命一ヶ月の花嫁
・アマルフィ女神の報酬
・モンスターvsエイリアン
・アストロボーイ
・パブリックエネミーズ
・アイスエイジ3
・ドラゴンボールエボリューション

と、結構な本数を見ていることに気がついたので、日記がてらでコメントを書いていこうというわけ。
ぶっちゃけると、昔、映画を見た直後に5行感想というのを書くようにしていたのだが、ついつい書かなくなってしまったので、再度習慣づけしようという計画。
記念すべき第一回はドラゴンボール。ちなみにこの欄はネタバレバリバリで書くつもりなので、一応必ず続き。

続きを読む▽
|| 00:38 | comments (0) | trackback (0) | ||

このエントリーをはてなブックマークに追加