CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<  2019 - 01  >>

PROFILE
同人誌 電子書籍版
Re:ゼロから始める
ゲームシナリオ


ライトニング伝説


さよならハドソン


ドラクエとFFと
ToHeart


誰得ゲームライフ


ときめきメモリアル
の時代

イースI・II製作メモ

頒布ページ
LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
TRACBACKS
OTHERS
SEARCH BOX
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ブログンサポート

リリアは誰が創りだしたのか?
僕の書いたイース1・2を作った時の話には大きく欠けているところがある。
それはもちろん言うまでもなく、オリジナルのイース1およびイース2が作られたとき、誰がゲームにどんな風に貢献したかで、そしてイース3が実はどうだったのか? のあたりだ。

当たり前だが、イース1・2はあくまで移植で、山根がいるとかオリジナルメンバーから話を聞いているとは言っても「どんな風に開発が始まったのか?」とか、誰がどんな貢献をしたのか、については別の会社の話であり、わからなかったわけだが、これがなんと26年ぶりのイース1・2のメンバー+当時のファルコムに勤めていた人間との飲み会で、かなり詳しく分かった。
まあ26年以上経ってからの話で、例えば山根は「俺はゴーなんて言ってなかった」と主張して、飲み会メンバー全員から「忘れてるのかよ」と思い切りツッコミを食らったり、さらに自分が飛行機のアナウンス無視した話とか忘れてたりと、信頼性に若干問題のある山根って証人もいるのだけど、当時のファルコムのメンバー複数及びハドソンの当時のことが少しわかっている人間から聞いた話なので、山根の信頼性はともかく、間違いないだろうということで、書いておきたい。

まずイース1の話。
イース1は本当に橋本・宮崎・山根の3人が隠れて作っていたプロジェクトで、最初は『アステカ3』のフリをして作っていて、実はイースでしたってひでえ作り方をしていた…なんてとんでもない話を聞いてしまった。当時のメンツの言っていることなので嘘ではあるまい。
まあ当時のおおらかな開発がわかる話なのだけど、にしてもひでえ話だ。

またよく言われ、そして僕もそうだと思っていた「イース1がヒットしたからイース2が作れた」だけど、これは山根および当時のメンバーの話を聞くと「そうじゃなかった」ということだ。
確かにヒットではあったけれど、当時のファルコムの感覚としてはまあまあ程度で、「2作りたいの? いいんじゃない?」って、かなりバブリーな感じで作り出したのが真実である、とのことだった。つまり「一応黒字だったし、会社は儲かってるから、2作りたいならいいんじゃない?」って感じだったってことだ。

それからイース2とラピュタの関連性だけど、モロにラピュタに影響を受けているとのこと。そりゃそうだよなあ。
「あれ? 山根さん、なんでラピュタ書いてるの?」は名セリフであるw

加えて書くと、イース2のシナリオやリリアについてとても大きな貢献…というか、影響を与えていたのは桶谷さんということだった。
というのも、新ヒロインが必要だと強く主張して、しかもそれは病弱でならないと言ったのは桶谷さんだというのである。
リリアがどうして病弱だったのかというと、桶谷さんが病弱の色白のヒロインなんてベタベタのヒロインが大好きで、宮崎さんに「新しいヒロインはこうでこうでこうで!」とこんこんと説教して(この話がまたメチャクチャで面白かったのだけど)、リリアを作り出したってことだ。
ここらへんはイース2の初期の企画段階で、新証言もいいところで驚きだったのだけど複数のスタッフが言っていたので、間違いあるまい。
ファルコムのヒロインの中で最大のヒットキャラだと思うのだけど、それのオリジナルアイディアが実は桶谷さんだったってのは、驚きの話である。
ところで間違いないように書いておくが、キャラクターデザインは言うまでもなく、あの"ゴー"山根ともおである。

また、イース2のマップの大半を作ったのは、大浦くんで、彼は当時MSX2で発売された最初の『メタルギア』のマップに強く影響を受けて作っていたとのことだった。進藤曰く「イース1はさーかなりチップの置き間違いあって、直すの超大変だったけど、イース2は置き間違いが本当にないきれいなマップだったんだよねー」
山根死すべしw

最後にイース3について。
これが最初はイースの外伝として企画されていたのか、それとも違うゲームだったのかについてずっと知りたかったのだけど、答えが出た。「最初は違うゲームだったのが、都合で"Wanderers From Ys"になった」が正解だった。
当時、橋本さんは『リンクの冒険』に強く影響を受けていて、ああいうアクションRPGが作りたい…ということで、始まったゲームで、それはイースではなかったのが"Wanderers From Ys"になっていた、ということだ。

まあ、これら当時書いたらイロイロ差し障りのある話だったと思うが、もう四半世紀以上も昔の話であり、いまさら怒る人もいるまい。
記録として残しておく次第である。
|| 11:35 | comments (2) | trackback (0) | ||

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
大変興味深い記事でした。
当時のメンバーが元気そうでなによりです。
| sands | EMAIL | URL | 15/04/29 08:44 | auFRQS/s |
興味深い話でした!山根さんも元気そうで一安心というのは余計なお世話かな?
イース3の話は噂話レベルではよく言われてましたがはっきりとしたのは初めてじゃないでしょうか
おそらく那由多の軌跡も同じような・・・まあ推測で決め付けるのはよくないですね
| Tou | EMAIL | URL | 15/04/12 19:53 | 7F0sakcE |
コメントする








この記事のトラックバックURL :
トラックバック