CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<  2017 - 08  >>

PROFILE
同人誌 電子書籍版
Re:ゼロから始める
ゲームシナリオ


ライトニング伝説


さよならハドソン


ドラクエとFFと
ToHeart


誰得ゲームライフ


ときめきメモリアル
の時代

イースI・II製作メモ

頒布ページ
LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
    ビジネスモデルがゲームの形を決めている
  • いわさき (08/17)
  • (08/17)
  • wx (08/17)
TRACBACKS
OTHERS
SEARCH BOX
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ブログンサポート

夏コミの新刊+アルファ
なんとかかんとか夏コミの本が出来ました。
タイトルはあいざわひろし命名で「課金は続くよ天井まで」

2,3日目にあいざわひろしのエッチな本の横でそっと頒布しております。
■ 8/12(土) 東地区 A-76ab
■ 8/13(日) 東地区 M-43ab

内容は
・F2Pがどのようにして出来上がったのか?
・なぜ日本ではガチャがマネタイズの主力になったのか?
・どんな風にしてガチャを作るのか?

表紙とかは過去ポストもしくは、イベントページあたりをドウゾ。
あと既刊として、以下の二つは持っていきます。他もパラパラあると思います。

●LEGENDS Volume 1
ゲームレジェンドで出した、マニアックな話ばかりを集めて出すマニアック本のシリーズです。

●ネットで中傷されたので名誉毀損で訴えてみた
一昨年の秋に中傷捏造ブログ記事を書かれたので、名誉毀損で訴えたときの顛末を書いた本です。

と、まあ、そんなわけで、スペースでお待ちしております。


|| 08:38 | comments (0) | trackback (0) | ||

このエントリーをはてなブックマークに追加
夏コミの新刊できました(;´Д`)
なんとかかんとか夏コミの本が出来ました。

タイトルはあいざわひろし命名で「課金は続くよ天井まで」

スペース番号は以下。
■ 8/12(土) 東地区 A-76ab
■ 8/13(日) 東地区 M-43ab

2,3日目にあいざわひろしのエッチな本の横でそっと頒布しております。あいざわひろしのエッチな本もよろしくですw
表紙は下みたいな感じです。

内容は
・F2Pがどのようにして出来上がったのか?
・なぜ日本ではガチャがマネタイズの主力になったのか?
・どんな風にしてガチャを作るのか?

の主に3つについてです。
最終的な目次は下みたいな感じです。

■F2Pの基礎用語
■基本無料はどこからやってきたのか?
+オンラインゲーム以前
+月額課金+クライアントの時代
+ベータフライヤー問題
+アイテム課金の登場
+カジュアルゲームの大ヒット
+基本プレイ無料宣言
+従量課金制再び
■ガチャの歴史と作り方
+ガチャの登場
+近代ガチャの登場
+ガチャサイクルの登場
+基本のガチャの作り方
+初期のガチャの運営と問題点
+ボックスガチャの作り方
+課金の痛みを軽減する
■アトガキ

正直、自分にとって入門編を書いたところで終わってしまった感があり、本当はもっと突っ込んで書きたいんですが、こればかりは書いてると無限に伸びるので、今回はここでストップ! かなと…


|| 20:26 | comments (0) | trackback (0) | ||

このエントリーをはてなブックマークに追加
なんとか新刊できたくさい
多分、36pで、もしかしたら38pかもしれないって感じです。
タイトルは『課金は続くよ天井まで』。
表紙はまた明日にでも出しまする。

下が目次。

■F2Pの基礎用語
■基本無料はどこからやってきたのか?
-オンラインゲーム以前
-月額課金+クライアントの時代
-ベータフライヤー問題
-アイテム課金の登場
-カジュアルゲームの大ヒット
-基本プレイ無料宣言
-従量課金制再び
■ガチャの歴史と作り方
-ガチャの登場
-近代ガチャの登場
-ガチャサイクルの登場
-基本のガチャの作り方
-初期のガチャの運営と問題点
-ボックスガチャの作り方
-課金の痛みを軽減する
■アトガキ

基礎用語のところは

■DAU Retention
直訳するとDAU継続率ということになるのだけど、日本ではほぼ使われない指標。
例えばDAUが10000人で、次の日のDAUがなんの手も打たないと、9500人になるとすると、DAU Retentionは95%である、つまり1日経つと何%の人間が止めるのか? という考え方のKPI。
物凄く大きなユーザー数のあるゲームではとても有効なKPI。

こんな感じで、いろんな用語が延々説明してあるパート。
本当はこれだけで一冊作れちゃうなあと思いながら、適当なところでぶった切ってます。
ここが伸びて38ページになるかもしれない(;´Д`)

|| 20:38 | comments (0) | trackback (0) | ||

このエントリーをはてなブックマークに追加
夏コミの新刊書いてます、その2
夏コミの本、続き。
まだ終わっていないので暫定すが、こんな感じの目次です。

● F2Pの基礎用語
● 基本無料はどこからやってきたのか?
- 月額課金+クライアントの時代
- ベータフライヤー問題
- アイテム課金の登場
- カジュアルゲームの大ヒット
- 基本プレイ無料宣言
- 従量課金制再び
● ガチャの歴史と作り方
- ガチャの登場
- 初期のガチャ
- 実際のガチャの作り方
- ボックスガチャ
- 確定ガチャ
- 欧米ユーザーの受け入れたガチャ

基礎用語は結構面白い気がします。CPIのこととか結構アケスケに書いてるし。日本では知られていないDAU-RETENTIONって海外の超大DAUでの考え方とか載ってるし。
まあ実際に海外でも国内でもガチャを作ったことがある人間が書いているのはさすがに珍しい気がしますw

|| 21:41 | comments (0) | trackback (0) | ||

このエントリーをはてなブックマークに追加
夏コミの新刊書いてます
夏コミの本を一生懸命書いている。
例によって時間がなくて、ギリギリまで書いていそうな気がするのだけど、本の内容は課金のコト。

近代的なF2Pは韓国で始まったと書いて全く間違いではないのだけど、なぜ韓国で始まり、どのような技術が試されたのか、そしてそれがどのように日本に来たのか?
日本でのガチャはどんな風に動き、どんな風に作るのかみたいな話が書いてある本す。

書いてさしさわりがない程度には、ガチャのコトも詳しく書いてます。
まあ読めば「確率操作する」とか、信じなくなる気がするw

しかし会社の仕事が並行してて、いっそがしくてもう死にそうw

|| 20:50 | comments (0) | trackback (0) | ||

このエントリーをはてなブックマークに追加