CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<  2018 - 09  >>

PROFILE
同人誌 電子書籍版
Re:ゼロから始める
ゲームシナリオ


ライトニング伝説


さよならハドソン


ドラクエとFFと
ToHeart


誰得ゲームライフ


ときめきメモリアル
の時代

イースI・II製作メモ

頒布ページ
LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
TRACBACKS
OTHERS
SEARCH BOX
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ブログンサポート

続・PCエンジン版『ダーウィン4078』の数奇な運命
facebookでの展開からいろいろわかったPCエンジン版ダーウィン4078の話の続き。

「ショーでCDROM版として参考出品されていた」って話の続報…というか、自分の記憶は「ダーウィン4078のCDROM版がハドソンから参考出品されたことがある」で、そうしゃべったのが実はこの話のはじまりだった。
これがtwitterでちょっと情報が増えたので、続きとして書いておきたい。

この『ダーウィン4078』は、セガのお友達や、いろんな人が妙にこだわっているのだけど、中でも一番拘っていたのが、M2のボスこと堀井君で、少し前ツイッターでこんなことをつぶやいた。


この画像をどこから探してきたのかは知らないのだけど、この画像の答えは明らかで、下。


右は『ダーウィン4078』の唯一の移植、MSX2に移植されたハドソンの『ダーウィン4078』だ。どう見たってバッチリ。

ただし、左の画像は、MSX2版ではなく、最初に書いたプロトタイプPCエンジン版の『ダーウィン4078』がショーに出展されたバージョンなのは間違いない。
なぜなら、まずPCエンジン版のプロトタイプに移植された『ダーウィン4078』が作られており、それがショーに出展されたことがあるのは明らかだ。
そして、仮に自機や敵が単色やMSX2の制約を受けていれば、いくらなんでも僕や他の人でも覚えているはずなので、そうではないのもほぼ間違いない。
なので、論理から、これは「プロトタイプ版PCエンジンになんかCDROM周りのモノをぶらさげたハードなのだろう」と想像できる。

ではこれが出展されたショーはいつなのか?

M2の松下君の提供なのだけど、この『ダーウィン4078』が出展されたのは、87年5月のマイコンショー。PCエンジン発売の数ヶ月前、PCエンジンCDROMの発売の1年半前。まさにハドソンが本格的な研究を始めた瞬間のあたりだ(そして僕がハドソンに企画を出すあたりということになる)。

ところが、これを作ったのを見ていたはずの人たちが、誰一人、テスト版『ダーウィン4078』のさらにCDROM版(たぶんCD音源で曲を鳴らしていたバージョン)を覚えておらず、現時点では誰が作ったのか、どこで作ったのか(たぶんハドソン東京のハード部門と思われる)は、残念ながらわからない。
もう少し、追いかけてみたいと思っている。

余談だがMSX2版のBGは下手をすると、前回の記事で書いたプロトタイプPCエンジン版ダーウィンのBGそのものではないかと疑っている。
|| 18:35 | comments (0) | trackback (0) | ||

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL :
トラックバック