CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<  2017 - 11  >>

PROFILE
同人誌 電子書籍版
Re:ゼロから始める
ゲームシナリオ


ライトニング伝説


さよならハドソン


ドラクエとFFと
ToHeart


誰得ゲームライフ


ときめきメモリアル
の時代

イースI・II製作メモ

頒布ページ
LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
    山根はどうしてイースⅡのオープニングをアニメにしたのか?
  • いわさき (10/21)
  • adol (10/18)
  • H (10/12)
TRACBACKS
OTHERS
SEARCH BOX
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ブログンサポート

『「決め方」の経済学』はとんでもなく面白い本だ!
ゲームとは関係があるようでない本を読んであまりに面白かったので紹介したい。
タイトルは『「決め方」の経済学』。

『「決め方」の経済学』という本の内容を簡単に説明すると「多数決を使って決めるというのはどういうことなのか?」というコトを、非常に具体的でプラクティカルな話、誰かをいじめるという案を多数決で決定するのはマズいだろうって話から始まって、多数決が選択をする方法としてよく動く場合とか、多数決で得られた結果が、より正しい場合、さらには多数決よりより平均的にはみんなの意見をくみ取る方法などなどなどともかく、沢山の人間が集まって、何事かを決める時の決定方法(社会的選択)の様々な在り方を説明した本だ。

この本では多人数が投票で何かを決めるというのは、学術的に見ると、1人が点数を持っていて、その点数をどのように候補に対して分配するかを考えるスコアリングルールの一形態で、このスコアリングルールによって、どのように決まるがが大きく変化すると説明してくれるのだけど、これがともかくめっぽう面白い。
いわゆる清き一票型は、一位がスコアを総取りするスコアリングルールだが、これだと総当たり戦で圧倒的な強さで勝てる候補が平気で負けることがあるとか、多数決の構造を理解していないと、全然人が望まないものが選ばれるとか、選挙に一票しかない多数決方式は露骨に書けばかなりダメとか、ともかく面白い。

また、本来、これは統計や経済学の知識がなければわからない話を非常に平易にわかりやすく説明しているので、数学はチンプンカンプンって人でもまず間違いなく大丈夫。
結局、多数決=スコアリングの一種で、決め方が様々ななものの形を決めるし、さらに歪めるってことを平易に説明している。
ビックリの面白さで、あまりに興奮してしまったので、こうして紹介しておく次第である。



|| 20:39 | comments (2) | trackback (0) | ||

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
坂井教授は以前、オイコノミアの「多数決だけじゃない!決め方の経済学」の回に出演されていました。
自らミニドラマを製作出演したり、教授らしからぬご活躍でした。
番組の内容は、おそらく本の内容から、いくつかかいつまんで紹介してたかと思われます。
| 樽之介 | EMAIL | URL | 17/11/06 06:37 | intPROkY |
岩崎さん、こんにちは。
ゲームとは関係あるようでなさそう、ということなので、僕もコメントできます。(僕はゲームしませんので)

Twitter で岩崎さんの複数のツイートを見て、僕も図書館で借りて読みました。
面白くて半日で読んでしまいました。(当方無職で時間だけはあるため)
ご紹介ありがとうございます。
理論的には高等数学に支えられているんでしょうけど、この本では“数学”でなく“算数”レベルで説明してあって、すごいなと思いました。
簡単なことをもったいぶって難しくいうのは容易でも、難しいことを簡単に説明するのは、誰にでもできるわけじゃないと思います。

多数決が民主主義だと、なんとなく思っていましたけど、
>多数派のためではなく(ノット・フォー・マジョリティー)、万人のため(フォー・オール)の民主主義という観点(P.35)
が必要なんですね。
多数決は“決め方”というゲームのルールの一つに過ぎないんですね。
ルールが変われば、参加者各々の意思が変わらないのに、全体としての意思決定(結果)が変わるなんて、怖ろしいです。

あと、個人的には、理路整然と
>安保法案は違憲の疑いが高いというよりは、純粋な違憲である。(P.160)
と証明してしまうところが、痛快でした。

僕は岩崎さんのツイートのファンで、気に入ったツイートはテキストをコピペして保存してますし、これまで図書館で
『機械との競争』
『システム思考:複雑な問題の解決技法』(478ページ中23ページで断念)
を借りました。
ゲーム理論のツイートはぜんぜんわかりませんけど、僕にとって岩崎さんはメンターのお一人です。
どうぞお体にお気を付けて、これからもご活躍下さい。
“ヒソヤカに”応援しています。

ありがとうございました。
| いのうち@徳島 | EMAIL | URL | 17/10/29 20:57 | f/zh8T3s |
コメントする








この記事のトラックバックURL :
トラックバック