CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2017 - 05  >>

PROFILE
同人誌 電子書籍版
ライトニング伝説


さよならハドソン


ドラクエとFFと
ToHeart


誰得ゲームライフ


ときめきメモリアル
の時代

イースI・II製作メモ

頒布ページ
頒布中
LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
TRACBACKS
OTHERS
SEARCH BOX
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ブログンサポート

ミッキーマウス「不思議の国の大冒険」のドタバタ
これはほぼ30年前の話であり大枠は間違っていない自信はあるが、細部については間違いがある可能性は十分にある。
当時のことを覚えているスタッフがいたら、ぜひ覚えてる話をfacebookにでも投げてほしい(つーても、これについて知っているはずの直接の知り合いは山本さん、マンガさん、三上君ぐらいしかいないけど) 。

今まで何回か書いてきたことだが、29年前の1988年に、デビュー作のさいきょーRPG 『凄ノ王伝説』を作るために北海道ハドソンに行ったとき、一緒に仕事をしたアーティストに山本さんという方がおられた。
この方はハドソンで一番最初に「デザイナー」と呼ばれる仕事をした人で、野沢さんの『スターソルジャー』でも背景のドットを打っておられる、大変な職人さんだった。

当時は絵を描く人はドット屋もしくはグラフィッカーもしくは、デザイナーと呼ばれていた。
そして、日本では絵描きの仕事は今では普通デザイナーと呼ばれるが、これは海外の職分では[2D|3D|テクニカル]アーティスト。
そしてデザイナーというと「ゲームデザイナー」や「レベルデザイナー」で、間違っても絵描きではない。
これは海外(主に欧米)と仕事をするとき、必ず用語で混乱するので、合わせた方がいいと思っているのだが…

で、コンソールゲームのノウハウがさっぱりわかっていない僕は、結構山本さんのノウハウに助けられたわけだけど(アルファの連中のノウハウにも、もちろんハドソンのノウハウにも助けられたのだけど)、これは実はその話とはまるで関係ない、僕が記憶している、山本さんがかかわったゲームの話をここに記録しておこうというわけである。


ある日、僕がミッキーマウス「不思議の国の大冒険」をプレイしていたのを山本さんが見て、しゃべりだした、というのが僕の記憶なのだけど、もしかしたら「ハドソンのファミコンゲームの中でミッキーマウスって好きなんですよね」って話から始まったのかもしれない。
ところで、この話が分からなくならないように、簡単に説明しておくと、ミッキーマウス「不思議の国の大冒険」は87年春にハドソンから発売されたファミコンのゲームだ。右はパッケージ。

内容を簡単に説明すると『不思議の国のアリス』をモチーフにした世界で、ミッキーがミニーを連れてサイドスクロールで進んでいき、ボスを倒して、最後にいるアリスを救う…と、まあこんな感じの話だ。
ファミコン初のディズニーのキャラクターゲームだとか、ミニーが後ろについてくる無敵キャラで、ちょっと扱いが変わっているとか、いろいろとポイントのある。女子向けを狙ったのかなあと思うところがあり、当時のゲームの中では難易度が低い方に入る。

女性向けではなく、女子向けと書いたのには理由がある。当時のファミコンブーム時のファミコンのメインユーザーは小学校高学年~中学生だったので、女性ではなく「女子向け」というわけだ。


そして山本さんは不思議の国の大冒険のアーティストをされた方だったのだけど、ともかく、山本さんは僕の言ったことに「こんなに苦労したゲームはなかったよ! ドラえもん以上に苦労したよ!」と、とんでもなく面白い話をしゃべりだしたのである。

さて、まず最初はハドソンがディズニーに見せたゲームは、ゲーム内容は変わらないものだったが、 ミッキーが銃で(山本さんの話ではリボルバーっぽいカートゥーンっぽい銃だったらしい)出てくる敵を撃つゲームだった。
ディズニー却下。
理由は「ミッキーは殺しません」
ハドソン全員ギャー。

では、というので頭をひねったハドソンのメンバー、石を投げて敵をやっつけるゲームに! これなら大丈夫だ!
ディズニー却下。
理由は「ミッキーは傷つけません」
ハドソン全員ギャー!

敵をやっつけないアクションゲームにすることは出来るだろうが、まあゲームデザインの大変更だし、時間も足りない。みんな頭を抱えて、誰かが思いついたのが…
「そうだ、石じゃなく、消しゴムにすればいいんじゃない!?」
で、グラフィックを消しゴムに描き直し、ディズニーに見せた。
ついにディズニーOK。

かくして、ハドソンは発売にこぎつけたわけだが、他にもグラフィックの監修の修正は非常に厳しく、山本さん曰く「ドラえもんの方が何倍も楽だった」で、一番大変なゲームナンバーワンとのことだった。
で、僕はそれを聞いて面白くて、笑い転げていたわけである。

ところで一つ書いておくと、これはやはりキャラクタゲーム黎明期の話だと思う。
今なら、最初にゲームデザインの企画書なりなんなりを出して、その段階で「銃撃つなんてマズいっす」と修正が入るわけで、こんな作りながら修正が入ってドタバタになるなんてありえない。
そういう意味では作る側も、そしてチェックする側も、全く体制が整っていなかった時代だなと思うのだ。

何もかも古い30年前の話である。
|| 19:04 | comments (3) | trackback (0) | ||

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
>ネズミ呼ばわり
悪役だから「ミッキーをネズミ扱いする」という酷い罵倒をしてるって設定でセーフなのかも。
| じぇみに | EMAIL | URL | 17/03/08 18:50 | wmTTAgcY |
私もこの話、聞いたことあります。

マニュアルを作る際も「ミッキーマウスは世界的に有名なネズミです」という文章が「ミッキーはネズミではありません」という理由でNGになったそうです。

名前にマウスと付いていますが、ミッキーマウスという生き物なのだそうです。

でも先日見たディズニーシーのアトラクションで悪い魔女がミッキーに「このちっぽけなネズミの夢を打ち砕いてやる!」と、ネズミ呼ばわりしてました。
| 長山 | EMAIL | URL | 17/03/07 20:09 | wJUrhIAI |
子供ながら自力でクリアしましたが、最後のボスが無敵になって突っ込むしか無かった記憶が……
もしかしたら他に解法があったのだろうか
| 三ッ木ー | EMAIL | URL | 17/03/07 19:33 | PZsQe3sM |
コメントする








この記事のトラックバックURL :
トラックバック