CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<<  2020 - 02  >>

PROFILE
同人誌 電子書籍版
Re:ゼロから始める
ゲームシナリオ


ライトニング伝説


さよならハドソン


ドラクエとFFと
ToHeart


誰得ゲームライフ


ときめきメモリアル
の時代

イースI・II製作メモ

頒布ページ
LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
    イースⅠ・Ⅱ通史(3):『リグラス』から『ロマンシア』
  • タムロ (02/03)
    イースⅠ・Ⅱ通史(1):PC88MkⅡSRの発売
  • tamuro (01/05)
  • おお! (01/03)
TRACBACKS
OTHERS
SEARCH BOX
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ブログンサポート

あけましておめでとうございます
あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします。
へっぽこブログですけど。

と、まあそんなこんなはさておいて、久しぶりにコンソールの仕事をやっている。最後に手伝ったのが2008年だったので、実に5年ぶりのコンソールの仕事だ。

久しぶりにやるといろいろ勝手が違って面白い。
というか…所変われば品変わるで、6年の間、オンライン+スマートフォン/ガラケー/PCで、F2Pな世界に生きていた自分の考え方が大きく変化していて、いろいろ戸惑ってしまう。

例えば、今の僕の感覚だとプレイした時「え? これでチュートリアルいいの? まずくね?」とか感じたのだけど、コンソールゲームを買う人ってのはたいていなんらかの情報をとっている人たちだ。F2Pな、ロイヤリティゼロユーザーじゃないわけで、そういう人たちにF2Pな感覚でチュートリアルをすること自体が間違っているのかな…? と思ったりする。
だいたい当の本人の僕はチュートリアルなんてめんどくさい、できれば最小限で。ワケわかんなくなったらヘルプ見るよとか思っちゃう人だ。そんな僕みたいなユーザーを相手に、しかも、既にお金を払っている人たちに、緻密で精細なチュートリアルをする必要があるのか? と疑問も出ようというものだ。
もちろんF2Pな世界では、僕のような人間は超少数であり、僕を相手に作ったら、一瞬で赤字⇒サービス終了のコンボがやってくることは100%間違いないので、やらないことが基本オススメになるけれど、まあ、もう少しうまく冒険をする方法を考えてもいいのかなと思ったりした。

と、まあこんな感じで「あーやっぱ売り切りとF2Pは違うなあ」と思うと同時に、久しぶりのコンソールでの仕事を楽しんでいるのだった。

|| 17:18 | comments (0) | trackback (0) | ||

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
この記事のトラックバックURL :
トラックバック