CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<  2019 - 12  >>

PROFILE
同人誌 電子書籍版
Re:ゼロから始める
ゲームシナリオ


ライトニング伝説


さよならハドソン


ドラクエとFFと
ToHeart


誰得ゲームライフ


ときめきメモリアル
の時代

イースI・II製作メモ

頒布ページ
LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
    イースⅠ・Ⅱ通史(3):『リグラス』から『ロマンシア』
  • タムロ (02/03)
    イースⅠ・Ⅱ通史(1):PC88MkⅡSRの発売
  • tamuro (01/05)
  • おお! (01/03)
TRACBACKS
OTHERS
SEARCH BOX
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ブログンサポート

インターネットの速度と価格
ニュージーランド(以下NZ)で仕事をしている時の話。
ゲームロフトオークランドは、世界、28カ国から人が集まってできていた。
そこで仕事をしていると、文化から何から世界は違うなあと思うことが多かったのだけど、中でも、僕らの仕事に関わることで突き抜けて違ったのが、インターネットの速度と値段についてだった。

韓国で仕事をしていた時、ともかくインターネットがバカ速くて、そして安くて、会社のヤツに「水道と同じレベルでインターネットはある」と言われていた。
実際、そのとおりで、ことインターネット接続に関しては何一つ困ったことがなかった。どこにいってもたいてい恐ろしく高速(ほぼ日本の光接続と同等)で、しかもなんの制限もなかった。感覚的には日本とまるで変わらない。
あと、フリーWifiスポットがまるでフツーにゴロゴロしてて、これまたバカみたいに速かった。
だから韓国にいるときにはインターネットについてはなんも気にしたことがなかった。

これが激変したのがNZに移動してからだ。



まずNZではいわゆる「定額使い放題」が存在しない(というか世界では、定額で使い放題なんて方が珍しい)。
雑な解説をするとだいたいのプロバイダにはイロイロなコースがあって、下は「月に1ギガバイト使える」ぐらいから始まり、上は「100ギガバイト」とか、それぐらいまで。じゃあそれがいくらぐらい掛かるのかというと、結構シャレになってない。
例えば30GB/月のプランとで75NZD。日本円に換算して、1NZD=80円として6000円ほど。100Gバイトプランだと8000円ほどもしてしまう。
で、30GBって多いような気もするけれど、動画サービスとかバリバリ使えばあっというまにこんなのは超えてしまうし、例えばPS3だのX360だのの販売されてるゲームをダウンロードしたら、あっという間にパンクだ。

実際に僕は最初20ギガあれば余裕のつもりでいて、あっさりパンクして、30ギガにしてパンクして、50ギガにして初めて意識してセーブすると足りた。

しかもだ。
NZではインターネットが遅い。日本・韓国では実測で20メガ(ビット)以上でないと「遅い」と思っていたのに、NZでは1メガで大喜び。おまけにウルトラハイスピードとか称するのですら15メガぐらいで、こいつはお値段がなんと2倍。使っていられない。

と、僕的にはNZは悪夢のようにインターネットが遅い(容量はあえて文句はいわない)国だったのだけど…

ある日、中東生まれのゲームデザイナーのホームパーティに呼ばれて、酒を飲みながら、みんなでワイワイ話していると…

「なあhiro(と呼ばれていた。英語圏の人間にはhiro-masaは発音が難しいのでhiroが一番使いやすい)、ニュージーランドはどうだい」
「空気はいいし、飯はうまいし、最高だね。ただインターネットがなあ」
「え? なんかインターネットに問題あるかい?」
「遅い。ともかく遅いよ」
「ええっ!? インターネットはすごく速いじゃないか!」
NZのインターネットは彼の暮らしていたモロッコと比較すると圧倒的に高速に感じられたらしい。
そこに入ってきた中国生まれのプログラマ。
「いや、速いよりもどこでもアクセス出来るのがすごいよ」
僕ら全員、
「ええっ!?」
そこにやってきた韓国のアーティスト。
「いや、ニュージーランドは遅いだろ」
僕を除くほとんどが「速いだろ!」と言い出す。

カンカンガクガク、一晩飲みながらインターネットの速度やら価格の話で盛り上がった。
世界に繋がっているインターネットですら、場所によってイロイロと感じ方は変わるものだなあと思ったのだった。
|| 21:15 | comments (4) | trackback (0) | ||

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
あーそのあたりは住んでいる場所にもよったかも知れませんね。
僕が住んでいたのはソウル郊外のワールドカップスタジアムの近くの Digital Media City ってところで、もうフツーにFree Wifiがあったんですw
| 岩崎 | EMAIL | URL | 13/06/30 09:47 | kOGDDjNg |
やっぱり yuhkanさんが言われたとおり通信関して私も韓国で えっ?
と思いました。

その人の捉え方で情報の良い悪い等の感想は変わるので バカっぱやい 速い 等の 安い言葉を うのみにせずキチンと調べておけば良かった
| kawamori | EMAIL | URL | 13/06/30 03:20 | tMNSuAYs |
貧弱なインターネット速度というと、アレな画像がじつにこうゆっくりと、一ライン一ライン数えるように描写されていくディスプレイを眺め、一喜一憂した日々が思い起こされ。
──今なお世界のどこかで、あの日のオレタチと目的をともにする同志が熱い小宇宙を奮わせているのかと思うと、感無量です…。
| 雪駄 | EMAIL | URL | 13/06/16 01:56 | lzVH5wBY |
昨年仕事で韓国に突発出張することになった際、「ソウルならどこでもwifiやらが通じるからどうにかなる」という情報を信じていたのですが、「多分無料なんだろうな-」というAPは大抵ユーザ登録が(当然韓国語で)必要で、想像していたよりは……という感じでした。
(読めない韓国語でのユーザ登録の手間とリスクを考えたら……)
結局、職場とホテル、あとロッテ百貨店近くで捉えた野良AP(素性不明)くらいしか使わなかったですw
docomoの海外利用でつかえるollehのwifiは、繋げるとどんなに短時間でもパケット定額のMAX料金(2980円)が問答無用で請求されるのでもっと使えないw
| yuhkan | EMAIL | URL | 13/06/16 00:47 | 8QCmMt.Y |
この記事のトラックバックURL :
トラックバック