CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2024 - 07  >>

PROFILE
同人誌 電子書籍版
Re:ゼロから始める
ゲームシナリオ


ライトニング伝説


さよならハドソン


ドラクエとFFと
ToHeart


誰得ゲームライフ


ときめきメモリアル
の時代

イースI・II製作メモ

頒布ページ
LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
    イースⅠ・Ⅱ通史(3):『リグラス』から『ロマンシア』
  • タムロ (02/03)
    イースⅠ・Ⅱ通史(1):PC88MkⅡSRの発売
  • tamuro (01/05)
  • おお! (01/03)
TRACBACKS
OTHERS
SEARCH BOX
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ブログンサポート

ゲームを作る動機
Twitterでちょっと昨日ツイートしてたことなのだけど、僕は自分の内なるナニかだのとか、創造するだのとか、そんな高尚な動機があった試しは一度もない

ゲームを作り始めた理由は「小松左京がやっていたスタートレックというゲームが途方もなく面白そうに見えた」からでしかない。
そしたら、ゲームを作るためには、たまたまコンピュータを組み立てなければならず、そしてゲームも売っていなかったので、自分で作る以外に方法がなかったので、仕方なくプログラムを覚えただけだ。

そしたらプログラムはとんでもなく面白くて、スタートレック以外に自分でゲームを作ってみたくなったのだし、作るときにはインベーダみたいなゲームだったり、ギャラクシアンみたいなゲームを作ってた。
だから、アマチュア時代は、自分がゲーセンでハマったゲームやボードゲーム、言い換えるなら、自分が面白いと思ったゲームをお手本にゲームを作っていたわけだ。

プロになってからも、ずっと「自分が面白いと思うゲーム」を作ろうとしているし、これが変わったことはない。
僕にとっての動機なんてそんなもんだ。

だから、みんながゲームを作りたいと思ったとき、自分が子供の頃に見て感動した…例えばスーパーマリオブラザースでいいや、その面白さを今のユーザーのみんなに再度味わってもらいたい、と思って作り手になれば、それで十分だ。

別に内なるナニかとか、そんなカッコイイモノ全然いらないし、そんなものが必要だと思うこと自体が、僕に言わせれば有害だ。
ただの頭でっかちの教条主義者になって「アレはゲームじゃない」だの「コレはゲームじゃない」だの下らないことを言い出すことになるだけだ。そんな下らないことをやるのは、25年前にクソ偉そうなことを言ってた僕だけで十分だ。

そんなことより面白いと思うモノを作ろう、と考えるだけの方がよほどいい。

そして、面白いと思うモノに迷ったり、悩んだりしたとき…いやまあ普通は天才じゃないので、悩むんだけど、そんときに自分を助けてくれるように理論を学んでおけばいい。

作るってのはそういうものだよ。

|| 20:54 | comments (0) | trackback (0) | ||

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
この記事のトラックバックURL :
トラックバック