USB-Cの闇w

あいざわひろしのためにmacbookを買って分かったが、PD、つまりPower Delivery、電源供給に対応したUSB-Cハブは闇だと悟った。
そもそもUSB-Cにはスゴい電源供給の規格が入っていて、これ一本でナンデモデキマース、ということになっていて、そしてmacbookはUSB-C一個しかないので、ハブがないと非常に困るハードウェアだが、今回はそのハブとUSB-Cの規格に呆れたのである。
以下理由を書いていく。
USB-CはPD規格があるので、もちろんUSB-Cハブ(以下、Cハブ)にもPDに対応しているものがある。
となると電源>Cハブ>Macbookで充電できつつ、CハブについているUSB-Aを使って、ipadやiphoneに充電したり…と夢ひろがりんぐだが、現実には「うまく動かない泥沼」が待っている。
まずUSB-Cに繋がるデバイスはDual Role、つまり電源を供給する側とされる側の両方になるものがある。もちろんmacbookはソレだ。
ここで、給電されているCハブにmacbookを繋ぐと何が起こるのか? もちろんmacbookは給電される側を期待する。
次に給電されていないCハブにmacbookを繋ぐと何が起こるのか? macbookはDUALROLEなので、給電する側になる。
ではその状態で、給電する側になっているハブに電源を刺すとどうなるのか?
少なくとも自分の持っているハブは、macbookが相変わらず給電する側だ。
ではmacbookを抜くと?
僕が買ったハブは抜いて刺しても、macbookは充電される状態にはならない。
ではどうすれば充電できるようになるのか?
どっちも抜いて、まず電源を繋ぎ、次にマックを繋ぐ。
要は繋ぐ電源の順番で挙動が変わるって、どうしようもない仕様だ。
仕様策定した連中、ハブのことが頭から抜けてただろうと言いたくなった。
しかも加えて、この電源供給可能(つまりPD)の表記が混乱している。
アマゾンで目を皿のようにして、端々まで読んで「充電できそうだ」と思っても、購入してみれば、そもそも自分の期待した充電が出来ないってことが普通にあるのに加えて、Cハブ自体の出来が不安定でリバーシブルで刺さるはずなのに表裏があったり、動作がおかしかったり。
おまけに上で書いたように、PDの仕様が混乱していて、AにつないだとたんにmacbookからAに給電されたり、繋ぐ順番で充電されなかったり、ホントにワケがわからない。
最初に買ったCハブに微妙に気に入らないところがあるので、もうちょっと使いやすいのが欲しいと探し回った結果、ドえらいめにあって、4連続で返品して、結局最初に買ったのしか使い物にならず、唖然としたのでこうしてメモを残しておく次第である。
間違いがあったら教えて欲しい+スバラシイCハブを知りたいよw

LinkedIn にシェア
Pocket

1件のコメント

  • AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:58.0) Gecko/20100101 Firefox/58.0
    いつも楽しく拝見させていただいております。
    USB-Cは本当に癖が多いですね
    ケーブルに56kΩの抵抗が入っていない場合
    Cに完全対応してない機械とか、
    変換ケーブルでMicroUSBにつないだ場合に
    機械が壊れてしまうというのもあるらしいです。
    こんなことから仕様に沿ったケーブルを使わないと危険というのが初期の頃にありまして、
    ケーブル選びが本当に重要みたいです。
    コネクタのかみ合わせの問題も身近なところでもありました。(それもキャリアで売ってる純正品がダメだったことも)
    充電器については出力する電力と
    受け取るMac側の最低必要電力を超えていないと充電が出来ないとか
    様々なトラブルが本当にたくさんあるみたいです
    パッケージに表記があればいいのですが、
    それすらないモデルなどもあるので怖くて変なやつを使えないでいます。

コメントは受け付けていません。