CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2017 - 05  >>

PROFILE
同人誌 電子書籍版
Re:ゼロから始める
ゲームシナリオ


ライトニング伝説


さよならハドソン


ドラクエとFFと
ToHeart


誰得ゲームライフ


ときめきメモリアル
の時代

イースI・II製作メモ

頒布ページ
LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
    ビジネスモデルがゲームの形を決めている
  • いわさき (08/17)
  • (08/17)
  • wx (08/17)
TRACBACKS
OTHERS
SEARCH BOX
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ブログンサポート

把握している限りのパソコン版イースの初期開発史
通販している同人誌の内容にコメントをもらったので、ちょっとそれについて知る限りのことを整理して書いておきたい。

ところで、イース2のダーム戦の舞台の形状は、ダームの塔最上階(ダルク戦の舞台の外側部分)の形状と良く似ていて、真ん中に穴があったり、画面下方に紋章があったりします。このためパソコン版をプレイしたときは、イース中枢からダームの塔最上階へワープして最終決戦という演出なのかと思っていました。
PCE版ではイース中枢から橋でつながっていたので、そういう意図はなさそうですが、もし当時この点も検討されていたようでしたら、ぜひ今後の更新の折に触れていただけると嬉しいです。


僕が聞いている限りでは、この発想はなかったと思います。ファクトはダームの塔の最上階にいて、あのバトルフィールドは最上階以外の何物でもないです。少なくとも山根がそう考えてないと、『Ⅰ・Ⅱ』のインターミッションで、屋上からぶっ飛ぶアニメーションは出てきません。

また、自分が覚えている(同人誌にも書いた)イースの開発の歴史に、のちに分かった若干の付け加えをして書いておきます。

続きを読む▽
|| 21:42 | comments (2) | trackback (0) | ||

このエントリーをはてなブックマークに追加
名誉毀損の訴訟のメリットとデメリット
少し前にネットでの迷惑行為の話がTLに流れてきて、書いたことなのだけど、もうちょっと整理して記事としてまとめておくことにした。

自分が名誉毀損の裁判をやって一番思ったのが、裁判にはインターネット時代に合ってない所がたくさんあるってことだった。
裁判を1年やってた間、相手に攻撃が届くまで、相手はインターネットで言いたい放題。
事実無根・名誉毀損の判決で相手は黙り込んだけれど、1年撒き散らかしていた嘘八百と悪意は簡単には消せない…というか、まあ消えることはない。この消えないってのはしょうがないと諦めるしかない。
そして、こっちの受けた損害を考えたとき、それに見合う賠償金でもない。かかった時間と手間を考えれば、お金としては全く話にならないと言わざるを得ない。
正直、相場は安すぎると思った。どう考えてもお金としてはワリが合ってない。

では訴訟しない方が良かったのか?
答えは圧倒的に訴訟して良かったと思っている。
なんといおうとブログに名誉毀損が認められたという記事を載せたとき、とても精神的にスッキリした。
誰に聞かれても、曖昧なところなく「あの怪文書は事実無根で名誉毀損だって判決をもらってますんで」と言えるんだから、そりゃあスッキリだ。
また、それ以外にもブログ記事の削除や修正要求がとても簡単になった。
怪文書をベースにしている記事に対して「それは元のソースが名誉毀損が認められた事実無根のものだから削除してくれ」と言えば、ほぼ100%、即削除されるし、削除できない場合でも非表示といった対応を取られるのが当たり前になった。
数は減っていたが、下らないコメントや、不愉快なツイートを見ることもあったが、裁判で白黒ついてからは、そういうものは一切なくなった。

そんなわけで全く訴訟して良かったと思っているし、もし同じような目に余るひどいことがあったら、ためらいもなく訴訟すると決めている。
だから、誹謗中傷に悩んでいるなら「悩むより先に、ともかく出来るだけ早く法律事務所に相談しなさい」が一番いいアドバイスだと思っているし、勝てる可能性が高いと言われたら、出来るだけ早く裁判するべきだと思っているのである。

ところで、この手の誹謗中傷で名誉毀損の判決が出ると、したり顔で「名誉毀損は事実でも認められる」と主張して、誹謗中傷が事実であるかのような主張をする人が必ず現れるが、たいていの名誉毀損は「事実無根で名誉毀損」がセットで、事実であることはとても少ない。
「事実ではない」、「事実無根で…」と記事に書かれているにも関わらず、このような主張をする人が現れるのは、元記事にすら当たらず書いているのかと不思議になるときがある。


|| 17:48 | comments (0) | trackback (0) | ||

このエントリーをはてなブックマークに追加
ゲームレジェンドお疲れ様でした
沢山の人に来ていただいてありがとうございます。
ゲームレジェンドで頒布しようと思った分は、少し多めだったはずなんですが、訴訟本も新刊も完売するという嬉しい読み違いでした(;´Д`)

ただ印刷所には在庫がありますんで、このあとあいざわひろしの参加するイベントで頒布していく予定です。

そんな感じでお疲れ様でした~

|| 19:08 | comments (0) | trackback (0) | ||

このエントリーをはてなブックマークに追加
ゲームレジェンドの新刊
例によって例のごとく『ゲームレジェンド』に参加します。

■2017/05/14(日)
■川口市市民ホールフレンディア
■スペース番号 38a

新刊は"LEGEND"ってタイトルです。あいざわひろし命名。


ちょっとマニアックなシリーズはこーいう本にしようと思って作りました。
24ページです。ブログの記事の中で、自分の気に入ってるレトロ系のネタを書き直して載せたの+ブログには載せてない書き下ろしチョッピリの本でゴザイマス。
収録内容は以下。テキストには手を加えて、さらに2本に分かれてたのを1本にしたりで、読みやすくはなっていると思います。

◇ チャレンジAVG&RPG
◇ ディズニーゲームに関わる悲喜こもごも
◇ ウィザードリィの和訳サブタイトルはいつついたか?
◇ 『ドラゴンクエスト』30周年
◇ 8ビット時代のゲームマシンのデータ圧縮
◇ ゲーム開発しくじり先生 in イースⅠ・Ⅱ
◇ 一度だけ起こった奇跡

それから既刊で、去年の冬コミの本と訴訟本は持っていきます。
他にはロートルテクニックとか、どっからともなく出てきた「F2Pの最初の90日」とか、チョロチョロあるはずです。まあスペースにきてみてください。

あと、今回の本はアトガキが普段と全然違うのですが、自分的にもったいないので、以下に公開しておきます。

続きを読む▽
|| 20:57 | comments (0) | trackback (0) | ||

このエントリーをはてなブックマークに追加
明日のコミティア(5/6)
コミティアにも訴訟本は持ってく予定です。

ち38bでヒソカに頒布してまするw

よろしくですw

|| 20:49 | comments (0) | trackback (0) | ||

このエントリーをはてなブックマークに追加