1989年6月28日版のイース

1989年6月28日版のイース。
どっかのショーに出すためだったか、それともテレビ用だったかで作ったバージョンだったと思う。

ディスク本体

自分の持っている限りで一番古いそれなりに動作する版で、ものは試しと起動したら、動いたので、スクリーンショットと解説などをしてみたいかとw

タイトル。実は音楽も違う。

タイトルデモのパート。背景にイースの紋章が入っているのが全く違うところ。
この紋章は結構後半まで残っていたのだけど、イマイチなので削除することになった。

ミネアの町から出たところ

ミネアの街から外に出たところ。製品版の鎖の形にまだなっていない。進藤、苦労してるなあw

橋がまだまっすぐ。
このバージョンは伊藤真希がアドルをでかくした直後のバージョンなので頭やら足の影が間違った隠蔽処理されるw
突然追記しておくと、道がついたのは山根の希望だった。初期版では道があったのがキャラが足りなくて削除したのが無念だったらしい。

ゼピック村の家や木が全部まだパソコン版からのコンバートした状態に近い。

神殿の入口。
デバッグ版なんてこんなもんだw

LinkedIn にシェア
Pocket

2件のコメント

  • AGENT: Mozilla/5.0 (iPhone; U; CPU iPhone OS 4_2_1 like Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/533.17.9 (KHTML, like Gecko) Version/5.0.2 Mobile/8C148 Safari/6533.18.5
    何というお宝ディスク!!
    エンジン版イースを当時から猿の様に遊んでいましたが、これは本当に見てみたい、遊んでみたい限りです
    ディスクもちゃんとプレスもされているのですね
    また製品版との違う箇所の公開を楽しみにしています

  • AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1; rv:6.0.2) Gecko/20100101 Firefox/6.0.2
    >> レスタ 様
    ディスクがプレスされているのはですね、CD-Rが存在していなかったからですw
    イース1・2はCD-Rが策定された前後でして、まだ市販のCD-Rライターが出来ていませんでした。
    市販のCD-Rライター(ソニー・業務用)が初登場したのは、ハドソン的には1989年の秋以降でした。
    (つまりコントロールソフトまで込みで焼けるようになったということ)
    ところが恐ろしくメディアが不安定で、しかも60分までしか焼けなかったために、イースのデバッグには使えませんでした。
    と、恐ろしく古い話でしたw

コメントは受け付けていません。