MOの絵データ救出大作戦!

『グレイランサー』の27年ぶりの再販や大友出版さんの解散の件などもあって、古い原稿を整理したり、ひっくり返しているのですが、その時、箱の底から出てきたのが原稿が入っているMOの山。
シールに書かれている内容を見ると、ほとんどが20年以上前の、今、手元には残っていないデータばかりなので、なんとか読みたいと思って、岩崎さんに調べてもらうと、ドスパラさんで「旧メディアデータ取り出しサービス」というのをやっているというではありませんか!

似たようなサービスは他にもあるらしいのですが、値段がかなりお手頃なのです。
基本料金1000円+MOの枚数×500円という感じで。(送料や代引きの手数料などは別)
しかもドスパラさんなら安心だろうと言う事で、このサービスを利用してみよう!とMO24枚を発送!

Web上であらかじめ申し込みをすれば、後は送るだけ。
その後、ドスパラさんから到着メールが届き、数日で作業完了のメールがきて、そのまま返却されてくるという簡単さ。
そんなわけで、一週間ほどして、24枚のMOがDVD1枚になって帰ってきました。

たった1枚にまとまって…しかも容量あまっているという事実。
技術の進歩ってすごいですよね。

当時のOS 7-8あたりのファイルなので拡張子がなかったりするのですが、そのあたりはサクサクと調べて全部のファイルが復活しました!

復活できたのはFRAGILEという、当時のときメモのグッズのイラストを集めたカラー本・昔あった雑誌用に描いたイラスト・ときめきパーティセンセーション6のカタログ表紙などなど多数です。

上のアップロードした絵は、全てFRAGILEに収録したもので、20年以上前のものです。
元はアナログの絵をスキャナーでスキャンして、次にphotoshop 3でレタッチして調整して、最後にレイアウトしたものです。今見ても結構キレイに処理されていてびっくりしてしまいました。

ちなみに、24枚送った中で破損しているものは1枚もなかったです。MOつおい。
絵描きさんで読めなくなった古いデータがあるような方にはお勧めのサービスだと思うので
あきらめずに、サルベージしてみるのもよいかもですよ。

最新の日記・絵・イベント情報などは《ツイッター》でフォローしてくださると、簡単に読めます。

Pocket