ハドソン

某プログラマが某有名ファミコンゲームのソースをgitに公開したの巻

某プログラマが某有名ファミコンゲームのソースをgitに公開したの巻

2020年1月12日 昔のゲーム屋
ツイッターでポロっとつぶやいたのだけど、ここでも記事をば。某プログラマが34年前に発売された某有名ファミコンゲームのソースをgitに公開したので、以下にリンクを置いておく。 https://github.com/omuanko/nnjhtrkn 某プログラマからの箴言は以下。 ■某プログラマちなみに…
1988年のPCエンジンCDROM

1988年のPCエンジンCDROM

2019年9月28日 ゲーム史
とても楽しいハドソン系の飲み会があり、そこで預かってくれないか? と言われたのが、1988年9月に作られたNO・RI・KOのディスクだった。 ウラノリコと書かれているのは、画像データの大半が仮素材の代物だったからだ。 なお、当時のスタッフがPEというエディタで適当に描いたもの。NO・RI・KOはアル…
THE功夫についてのメモの続きの続き

THE功夫についてのメモの続きの続き

2019年5月21日 HUDSONのコト
なーんと『THE功夫』についての3本目の記事。この功夫というゲーム、ほぼローンチなこともあり、想像以上にイロイロあったということがわかってきた。 実は『THE功夫』は、発売前に回収されていた、という驚きの事実。 当時のハードではよくある話なのだけど、電源投入時の初期値が一定していないのがわかっておら…
Hi-Tenボンバーマンの作者と制作環境

Hi-Tenボンバーマンの作者と制作環境

2019年3月22日 HUDSONのコト
高橋名人が世界初のハイビジョン専用ゲーム『HI-TENボンバーマン』のディスクを入手。ゲーム保存協会へ保存 この記事(元になっている高橋名人のブログ記事)がツイッターのTLに流れてきた。それでTLで聞かれたのが「ソースは残ってないんでしょうかね?」こういうのは元ハドソンのいかにもやってそうな人たちに…
続・PCエンジン版『ダーウィン4078』の数奇な運命

続・PCエンジン版『ダーウィン4078』の数奇な運命

2018年3月4日 ゲーム史
facebookでの展開からいろいろわかったPCエンジン版ダーウィン4078の話の続き。 「ショーでCDROM版として参考出品されていた」って話の続報…というか、自分の記憶は「ダーウィン4078のCDROM版がハドソンから参考出品されたことがある」で、そうしゃべったのが実はこの話のはじまりだった。 …
PCエンジン版『ダーウィン4078』の数奇な運命

PCエンジン版『ダーウィン4078』の数奇な運命

2018年1月20日 ゲーム史
facebookである方が質問を投げてきた。 MSX2にしか移植されていない不遇のDECOの名作シューティング『ダーウィン4078』。 たまたまググったら、こちらのサイトに 「ハドソンによるPCエンジンへの移植版が制作されており、完成までこぎつけたものの諸事情でお蔵入りになってしまった。」 との気に…
大魔界村、移植エピソード(3)・クリア不可能になるオーム

大魔界村、移植エピソード(3)・クリア不可能になるオーム

2018年1月17日 ゲーム史
突然思い出したので、メモとして残しておきたい、大魔界村移植時のエピソード、第三弾。 その1、その2のリンク。 ある日、アーケード版のソースを読んでいたS君が言い出した。 「岩崎さん、知ってますか? オウム面、宝箱から剣が出ないんですよ!」 「あーもしかしてクリアできないからかな?」 「だと思いますね…
大魔界村、移植エピソード(2)・女神さまはいじわるなんですよ。

大魔界村、移植エピソード(2)・女神さまはいじわるなんですよ。

2018年1月3日 ゲーム史
突然思い出したので、メモとして残しておきたい、大魔界村移植時のエピソード、第二弾。 その1はココで→ 大魔界村、開発当時のエピソード(1) 大魔界村の移植はハドソンでアルファシステムのY君とS君がやっていたのだけど、前回はS君のエピソードだったので、今回はY君のエピソード。 そもそもの話は、Y君が、…
大魔界村、開発当時のエピソード(1)

大魔界村、開発当時のエピソード(1)

2017年12月20日 ゲーム史
突然思い出したので、メモとして残しておきたい。 僕が『イースⅠ・Ⅱ』をしゃかりになって作っていたとき、横で一生懸命作られていたのがスーパーグラフィックス用の『大魔界村』だったという話は何回か書いたことがあるけれど、大魔界村開発途中であった下らないエピソードを以下に残しておきたい。 ■ 1988�…